【LINEカメラ】テキストを縦書きにする方法を解説!

2 min 9,853 views
LINEユーザー

LINEユーザー

LINEカメラを使って、縦書きのメッセージ入り画像を送ってくれた友だちがいるんだけど。

私にも作れるかな?

ちょっとした工夫でかんたんに作れるよ!

手順を説明するから参考にしてみてね!

LINE WORLD

LINE WORLD

LINEカメラでは、テキスト入力を横書きだけでなく、縦書きにすることもできます。

記事内では、覚えておくと便利なテクニックについても紹介しています。

テキストの縦書きかんたんステップ
  1. 「T(テキスト)」をタップして、入れたい言葉を入力する
  2. 入力した言葉を1文字ずつ改行する

記事内で詳しく説明します。

※本記事は、LINEのバージョン「15.1.1」を使用しています。

LINE Camera総合はこちら:【LINE Camera】使い方を初級~上級まで完全解説!

LINEカメラでテキストを縦書きにする方法

スマホに入っている画像を使って、縦書きのテキストを入れる方法を解説していきます。

「アルバム」をタップ

LINEカメラアプリを開いたら、まずは「アルバム」をタップします。

「編集」をタップ

スマホの中の画像を選んだら、「編集」をタップします。

「T(テキスト)」をタップ

「T(テキスト)」をタップして、画像に入れたい言葉の入力をします。

1文字ずつ改行する

画像に入れたい言葉を入力すると横書きで表示されます。

これを縦書きにするために、入力した言葉を一文字ずつ「改行」します。

「改行」が終わったら「次へ」をタップします。

「フォント」を選ぶ

好きな「フォント」を決めてタップします。

「文字の色」を選ぶ

画像の雰囲気や好みにあわせて、入れる「文字の色」や「輪郭」を選びます。

選び終わったら「✔」をタップして、テキストの周りの枠を消すために、テキストに触れないところをタップします。

テキストの周りの枠が消えた状態

言葉の続きを入力したいときは、また「T(テキスト)」をタップして言葉を入力していきます。

言葉を全て入力し、てテキストの位置を調整する。

言葉の続きを入力したら、テキスト枠の表示をいったん消すと、全体を確認しやすくなります。

テキストの位置を変えたいときは、テキストの枠が表示された状態でドラッグします。

スタンプを使った後などにテキストの枠を再表示させたい場合は、「T」をタップしてから、入力した言葉の上をタップすると再び表示されます。

かわいく装飾する

テキスト入力の後に、かわいく装飾したいときは「♡」をタップすると、ニコニコマークやハート、フレームや吹き出しスタンプを使うことができます。

装飾が完成したら、をタップして画像をダウンロードします。

ダウンロードしよう!

ダウンロードした画像は、写真やカードにしたり、SNSで送るのもいいですよね。

SNSや他のアプリで共有する

画像のダウンロードが終わると、SNSや他のアプリに共有できる画面が出ます。

すぐに共有しない場合は「完了」をタップすると、LINEカメラのトップ画面に戻ります。

LINE Camera総合はこちら:【LINE Camera】使い方を初級~上級まで完全解説!

かんたんな内容の縦書きはLINEカメラで出来る!

今回は、LINEカメラでテキストを縦書きにする方法を解説しました。

横書きを目にすることが多い中で、縦書きをつかった画像を作って、いつもと違う雰囲気を楽しんでみてくださいね。

最後に、縦書きにする方法のおさらいです。

縦書きかんたんステップ
  1. 「T(テキスト)」をタップして、入れたい言葉を入力する
  2. 入力した言葉を1文字ずつ改行する

テキストの縦書きを使って、LINEカメラをもっと楽しく使いましょう!

カテゴリー:
タグ:
LINEのヘビーユーザー必見な格安スマホ!

【LINEMO(ラインモ)】

LINEユーザー

LINEユーザー

毎日LINEを使いまくってる僕におすすめの格安スマホはどれかな?

それなら月990円のプランが用意されている

LINEMO(ラインモ)』がオススメだよ!

ポイントを教えるね!

LINE WORLD

LINE WORLD

LINEMOはココが凄い!
  • 月額990円(税込)
  • LINE利用時のギガ消費ナシ!(トーク、通話、ビデオ通話など)
  • ソフトバンク回線をそのまま利用しているから安定の高速通信!
  • 別料金無しで5Gも利用可能!※5G対応端末が必要です。
  • 900万種類以上のクリエイターズスタンプが使い放題!※オプション(月額240円)

wi-fi未接続時のLINEの通話は、音声のみで1分あたり約0.3MB、ビデオ通話だと約5.1MBを消費します。

大手携帯キャリアや格安スマホのかけ放題プランは、オプションで約1,000~2,000円前後なので、電話をほぼLINE通話で済ませていて、かつwi-fi環境が無い外出先からかける事も多い人は毎月約1,000~2,000円程度、得をすることになります。

「LINE通話が不安定で困った。」といった経験のある人は多いと思いますが、ソフトバンクグループになったLINEMOはソフトバンク回線をそのまま使っているので安定の高速通信が可能です。

しかもデータ容量を使いきった後も、LINE利用時の通信速度に影響はないのでスムーズなコミュニケーションを続けることができます。

LINEのヘビーユーザー、毎月のスマホ代を安くしたい、2台持ちを検討している、という人に大変オススメなLINEMOをぜひこの機会にチェックしてみてください。

※申込みはオンライン限定です。

今なら新規・乗り換えの契約で「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」実施中です。(20GBプラン=10,000円相当、3GBプラン=3,000円相当)

関連記事