楽天リーベイツで楽天ポイント還元最大20%!今なら登録して初回購入で500ポイントもGET!

LINEの「リプライ」とは?やり方や特徴を解説

2 min 522 views
LINEユーザー

LINEユーザー

LINEのリプライって何?

どうやって使うの?

LINEのリプライ機能は、主にグループトークなど複数のアカウント同士でやりとりをするときに、誰のどのメッセージに対しての返信なのか、分かりやすくする機能です。

1対1のトークでも、時間が経った過去のメッセージに対してリプライすると、相手がすぐに思い出せるので使い方はさまざまです。

「引用返信」とも呼ばれる、リプライの使い方や特徴をさっそく見てみましょう。

リプライする方法は2つ
  • メッセージを長押しして「リプライ」をタップする
  • もしくはメッセージを左にスワイプしてリプライする
長押し→リプライ

まずはリプライがどんな機能なのか解説します。

LINEの「リプライ」とは

LINEのリプライ
LINEのリプライ

LINEのリプライは、トーク内で送信された誰の、どのメッセージに対する返信なのかをわかりやすくする機能です。

グループトークやオープンチャットなどでは、メンバーが複数になるため困惑を避けられスムーズなやり取りが可能です。

スタンプや絵文字もリプライ可能
スタンプや絵文字もリプライ可能

また、リプライはスタンプや写真にも対応しており、コミュニケーションの活性化にも役立ちます。

一部対応していない送信内容もあるので、それらについては後述します。

LINEのリプライのやり方

リプライのやり方は2つあります。以下から使いやすい方を選びましょう。

メッセージを長押ししてリプライ

長押し→「リプライ」
長押し→「リプライ」

一つ目はメッセージを長押ししてリプライする方法です。

文字だけでなく、スタンプや写真もリプライすることができます。

リプライ後は、その部分をタップすることで該当箇所にジャンプできます。

メッセージを左にスワイプしてリプライ

メッセージを左にスワイプ
メッセージを左にスワイプ

リプライしたい部分を左にスワイプするという操作でもOKです。

長押しリプライと機能性に違いはありません。

PC版でもリプライ可能

右クリック→「リプライ」
右クリック→「リプライ」

PC版LINEでは、メッセージを右クリックして「リプライ」を選択しましょう。

Chrome版LINEには対応していないので注意です。

リプライされた側の通知はどうなる?

通知は通常と同じ
通知は通常と同じ

リプライを受け取った側の通知についてですが、通常のメッセージを受信した時との違いはありません。

リプライできるもの

LINEでリプライできるのは以下の通りです。

  • テキスト
  • スタンプ
  • 絵文字
  • 写真
  • 動画

アルバムやノートなどの操作履歴はリプライできません。

該当しないのにリプライできないときはこちら≫LINEでリプライできない原因と対処法を詳しく解説を読んでください。

リプライとメンションの違い

メンションとの違い
メンションとの違い

リプライと似た機能に「メンション」があります。

リプライが送信者と送信内容を明らかにして返信できるのに対し、メンションはトーク内のメンバーのみを指定して送信できます。

リプライは複数指定できないがメンションなら可能

@マークを入力

メンションはメッセージの入力欄に@マークを入力すると、トーク内のメンバーが表示されます。

トーク内全員指定できる
トーク内全員指定できる

リプライは個人にしか対応していませんが、メンションであれば最大でトークメンバー全員に送信できます。

なお、メンションは3人以上のトークに対応しています。

この2つを上手に使い分けると、さらにやり取りがスムーズになるでしょう。

使用したLINEのバージョン「12.2.1」

関連記事