【LINE】英語通訳の使い方や正確さを徹底解説!

5 min 618 views


LINEユーザー

LINEユーザー

LINEは英語のトークを通訳してくれる機能があるの?

海外からきた友だちともスムーズに話せたら楽しいよね!

通訳がいれば長文のやりとりも安心だね!

使い方や、通訳の正確さを見てみよう!

LINE WORLD

LINE WORLD

LINEの通訳機能を使うと、普通にトークにメッセージとして送信するだけで、英語やほかの国の言葉、文章をすぐに翻訳してくれます。

今回は実際の友だちとのトークでどんな風に表示されるのか、どれくらいのレベルまでの言葉や文章を正確に通訳してくれるのかなどについても分かりやすく解説します。

英語通訳の簡単ステップ
  1. ホーム画面をひらく
  2. 検索バーに『通訳』などのキーワードを入れて検索する
  3. 「公式アカウント」のLINE英語通訳を友達に追加する
  4. LINE英語通訳のトーク画面を開く
  5. 英語または日本語でメッセージを送る

英語でメッセージを送った場合は日本語に、日本語でメッセージを送った場合は英語に翻訳してくれます。

※本記事の操作はiPhone、Android共通です。

LINEの英語通訳の使い方

LINE通訳の使い方は

  1. LINE通訳(公式アカウント)を友だちに追加して
  2. トークを開き
  3. メッセージを送信する

という手順です。順番に見てみましょう。

通訳機能を友だち追加する

まずは、通訳アカウントを友達に追加する方法です。

ホーム画面でキーワードを 入れて検索する
ホーム画面でキーワードを入れて検索する

「ホーム」をタップして、検索で『通訳』や『英語』などのキーワードを入れます。

検索した結果
検索した結果

通訳機能は4つの言語に対応しています。

言語の種類
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語
  • 中国語(繁)

アカウント下の「追加」をタップすれば通訳機能の準備OKです。

トークを開く

友だちに隠れている 「公式アカウント」を出す
友だちに隠れている 「公式アカウント」を出す

「ホーム」の「友だち」の横にある「∨」をタップします。

公式アカウントをタップする
公式アカウントをタップ

「公式アカウント」をタップして、画面をスクロールします。

追加したLINE英語通訳
追加したLINE英語通訳

そうすると、追加したLINE英語通訳が出てくるのでタップしましょう。

LINE英語通訳のホーム画面
LINE英語通訳のホーム画面

LINE英語通訳のホーム画面が出てくるので、「トーク」をタップするとトーク画面が開きます。

通訳機能でのメッセージの送信方法

トーク画面を開いた後のメッセージの送り方です。

メニューの左横をタップ
メニューの左横をタップ

「メニュー▲」の左横にあるをタップします。

メッセージの入力
メッセージの入力

翻訳してほしい言葉や文章を入力します。

メッセージの送信
メッセージの送信

メッセージを入力しはじめると右端にが表示されるようになります。

入力がおわったらをタップして送信します。

送った言葉とLINE通訳の返信
送った言葉とLINE通訳の返信

数秒ほどで、通訳からの返信がとどきます。

LINE英語通訳の正確性を検証してみる

友だちとのトークを通訳する前に、機能の翻訳レベルについても知っておくといいかもしれません。

トーク例1
トーク例1

LINE通訳にメッセージを送ると、英語→日本語、日本語→英語に翻訳してくれます。

ですが『now or never』→『今か今か今か』のように、たまに少し不自然な表現になることもあります。
『now or never』→『今しかない』という翻訳の方が自然ですよね。

トーク例2
トーク例2

少しながめの文を送ってみると、正確ではない翻訳になることもあります。

『neutral』は『中立な』という意味ですが、ここでは『gender-neutral expressions』→『ジェンダー差別表現』と翻訳されています。

正しい翻訳は『gender-neutral expressions』→『性的に中立な表現』です。

トーク例3
トーク例3

さらに長めの文でも、すぐに翻訳できます。

『people into zombie-like noodle sleepers』→『ゾンビのような麺を食べる人に変える』

この翻訳自体は間違っていませんが、『ゾンビのように麺をすすらせる力がある』と訳した方が、より自然な日本語になります。

長文であっても正確に翻訳してくれますが、直訳に近い表現になるところもあります。

辞書のように詳しく知るというよりも、手軽に早く意味を知りたいときに、とても便利です。

流行りには弱い
流行りには弱い

坂本龍馬や山本五十六のように、歴史上の有名な人物の名前は正確に翻訳されています。

しかし、ここ数年で有名になった人物の名前や言葉は正確に翻訳できません。

A『COVID-19』はそのまま英語表記になっていますが、日本語では『コロナウイルス』と言いますよね。

B『星野源』→『Hoshino source』となっていますが、人物名なので『Gen Hoshino』が正解です。

実際のトーク(2人以上)を通訳してもらうには

トークに通訳機能を招待する方法です。

トーク画面の右上をタップ
トーク画面の右上をタップ

LINE英語通訳のトーク画面を開いて、右上にあるをタップします。

招待をタップ
招待をタップ

「招待」をタップすると、「友だち」一覧がでてきます。

友だちにチェックを入れて招待する
友だちにチェックを入れて招待する

招待したい友だちにチェックを入れて、右上の「招待」をタップします。

招待の対象メンバーだけが 見れるトーク画面
招待の対象メンバーだけが見れるトーク画面

そうすると、通訳機能の使えるグループLINEができます。

LINE英語通訳からのあいさつ
LINE英語通訳からのあいさつ

最初のひとことを送ると、LINE英語通訳からのあいさつ文が表示されてから、通訳がはじまります。

自分と相手の両方を翻訳してくれているね!

LINE WORLD

LINE WORLD

トークの終わり方
トークの終わり方

LINE英語通訳の翻訳を終わらせたいときは「@bye」と送ります。

そうすると、グループLINEから退出して翻訳も終了します。

すでに作ってあるトークルームにLINE通訳を招待することもできるよ!

LINE WORLD

LINE WORLD

写真や画像を英語翻訳するには

LINE通訳は写真や画像の文字にも対応しています。以下では

  • 写真を撮ってから翻訳する方法
  • スマホ内の写真や画像を翻訳する方法

を解説します。

写真を撮って英語翻訳する方法

メニューの左横をタップ

LINE英語通訳のトーク画面をひらいて、メニュー左横のをタップします。

「>」をタップする
「>」をタップする

「メッセージを入力」の左横にある「>」をタップします。

「カメラマーク」をタップ

をタップすると、写真をとる状態になります。

翻訳したいものの写真をとる
翻訳したいものの写真をとる

スマホを翻訳したいところに向けて、写真を撮ります。

「A」をタップする
「A」をタップする

写真をとると、右側にいくつか表示がでてくるので、その中の一番下「A」をタップします。

日本語に翻訳をタップ
日本語に翻訳をタップ

翻訳する対象に色づけがされた画面になります。このときの翻訳方法は2種類に分かれるので順番に解説します。

①「日本語に翻訳」をタップした場合

日本語と英語が表示される
日本語と英語が表示される

写真を撮った英語の文章と、日本語の翻訳の両方が表示されます。

➁「写真に翻訳を表示」をタップした場合

「写真に翻訳を表示」をタップ
「写真に翻訳を表示」をタップ

写真によっては見にくいと思いますが、真ん中左あたりに「写真に翻訳を表示」とあります。

撮った写真の英文が、日本語に置き換えられた状態で表示されます。

スマホの中の写真を翻訳する方法

カメラマークをタップする
カメラマークをタップする

 写真を撮って翻訳する場合とでは、をタップした後からの操作が少し変わります。

端末内の写真や画像を翻訳
端末内の写真や画像を翻訳

写真をとる状態になったら「文字認識」をタップし、右横の写真アイコンを選択します。

端末のギャラリーから写真を選べば、自動的に翻訳の画面になります。

その他の言語を翻訳するには

LINE通訳は、「英語」「韓国語」「中国語」「中国語(繁)」の4つに対応していますが、公式アカウントを追加しなくても以下13ヵ国の言語を翻訳することもできます。

言語の種類
  • 日本語
  • 英語
  • 韓国語
  • 中国語(簡体)
  • 中国語(繁体)
  • イタリア語
  • インドネシア語
  • スペイン語
  • タイ語
  • ドイツ語
  • フランス語
  • ベトナム語
  • ロシア語

「LINE英語通訳を友だちに追加するほどではない」、「ちょっと意味を知りたい」といったときに便利なので使い方を見てみましょう。

LINEの翻訳機能の使い方

ホーム画面の検索バーに 翻訳と入力する
ホーム画面の検索バーに 翻訳と入力する

「ホーム」をタップして、検索バーに『翻訳』と入力します。

翻訳が表示される
翻訳が表示される

真ん中あたりに「翻訳」が太字で表示されます。

「英語」の「∨」をタップする
「英語」の「∨」をタップ

「英語」の右の「∨」をタップすると、翻訳できる言語の種類がわかります。

「日本語」の右の「∨」をタップした場合も、同じ数の言語が表示されます。

13の言語が表示される
13の言語が表示される

翻訳前と翻訳後に好きな言語を設定しましょう。

翻訳したい言葉を入力する
翻訳したい言葉を入力する

「翻訳するテキストを入力」に翻訳したい言葉を入れてみましょう。

言葉を入れて「翻訳」をタップする
言葉を入れて「翻訳」をタップする

翻訳したい言葉を入力すると、テキスト入力欄の下に「翻訳」という文字が出てくるので、タップします。

日本語訳が表示される
日本語訳が表示される

「翻訳」をタップすると、入力した言葉の下に日本語訳が表示されます。

ドイツ語から英語に 翻訳した場合
ドイツ語から英語に 翻訳した場合

英語→日本語や韓国語→日本語だけでなく、ドイツ語→英語やフランス語→ベトナム語のように、13の言語を好きなように組み合わせて翻訳することもできます。

翻訳アプリ「Papago」を使う場合

サービスにPapagoが表示される
サービスにPapagoが表示される

ホーム画面で「公式アカウント」だけでなく、「サービス」をタップすると「翻訳アプリPapago」が表示されます。

翻訳アプリ「Papago」
翻訳アプリ「Papago」

「翻訳アプリPapago」が対応している言語は、LINEの翻訳機能と同じ13言語です。

音声を拾って翻訳したり、スマホの画面に手書きした言葉も翻訳できる機能があります。

A : Papagpの翻訳 B : LINE英語通訳の翻訳
A : Papagpの翻訳 B : LINE英語通訳の翻訳

「A」のPapagoが翻訳したものと「B」のLINE英語通訳が翻訳したものを比べると、Papagoの方が自然な日本語に翻訳できているのがわかります。

頻繁に翻訳が必要な場合や、正確性の高い自然な翻訳を求めている人にオススメです。

正確さ重視なら「Papago」がおすすめ!

今回はLINE英語通訳について解説しましたが、LINEの翻訳機能でも13の言語を翻訳できることが分かりましたね。

正しい表現や長文など、精度の高い翻訳を求めている人には、翻訳アプリ「Papago」の方がオススメです。

最後に今回のポイントをおさらいしましょう。

今回のポイント
  • 言葉や文章を翻訳する・・・LINE英語通訳のトーク画面を開いてメッセージを送る。
  • 対話を通訳してもらう・・・LINE英語通訳をトークに招待する
  • 写真を翻訳する・・・カメラを開いて写真を撮り、「A」マークをタップする。
  • フランス語、タイ語、ロシア語などの翻訳→LINEの翻訳機能または翻訳アプリ「Papago」を使う。

LINE通訳を活用して、楽しくトークしましょう!

カテゴリー:
タグ:
圧倒的におすすめの格安スマホ!

【LINEMO(ラインモ)】

LINEユーザー

LINEユーザー

毎月のスマホ代を安くしたいけど、どこがオススメなのかな?

それなら月990円のプランが用意されている

LINEMO(ラインモ)』がオススメだよ!

ポイントを教えるね!

LINE WORLD

LINE WORLD

LINEMOはココが凄い!
  • 月額990円(税込)で使える!
  • LINE利用時のギガ消費ナシ!(トーク、通話、ビデオ通話など)
  • ソフトバンク回線をそのまま利用しているから安定の高速通信!
  • 別料金無しで5Gも利用可能!※5G対応端末が必要です。
  • 700万種類以上のクリエイターズスタンプが使い放題!※オプション(月額240円)

↓詳細はこちら↓

今なら新規・乗り換えの契約で「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」実施中です。(20GBプラン=10,000円相当、3GBプラン=3,000円相当)

関連記事