LINEカメラでモザイクやぼかし加工をする方法を分かりやすく解説!

3 min 3,240 views
LINEユーザー

LINEユーザー

LINE カメラってモザイク加工できるのかな?

どの機能を使えばいいのかわらない…

機能が多くて分かりにくいよね!

どの機能を使えばできるのか解説するね!

LINE WORLD

LINE WORLD

LINEカメラでは、画像の編集方法しだいでモザイク加工(ぼかし加工)の写真を作ることができます。

記事内では、LINEのトーク画面でモザイク&ぼかし加工する方法についても紹介しています。

モザイク&ぼかし加工かんたんステップ

【LINE cameraアプリのぼかし加工】

  1. 「アルバム」を開いて、ぼかし加工したい画像を選ぶ。
  2. 「スキンケア」の「ニキビ」をタップする。
  3. ぼかし加工したいところを数回タップする。

【トーク画面でカメラを起動またはアルバムを開く モザイク&ぼかし加工】

  1. トーク画面で通常のカメラを起動する。
  2. カメラで撮影したら、モザイクマークをタップする。
  3. モザイク&ぼかし加工したい部分を指でなぞる。

記事内で詳しく説明します。

※本記事は、LINEのバージョン「15.1.1」を使用しています。

LINE Camera総合はこちら:【LINE Camera】使い方を初級~上級まで完全解説!

LINEカメラでモザイク・ぼかし加工をする方法

モザイクやぼかしといった加工は、LINE Cameraアプリと通常のLINEの両方で可能です。

まずはLINE Cameraの場合から解説します。

「LINE camera」アプリを使う場合(ぼかし)

「アルバム」をタップする

アプリを開いたら「アルバム」をタップしましょう。

「編集」をタップする

加工したい画像をえらんで「編集」をタップします。

アプリを開いてカメラを起動した場合も、撮影した後の操作は同じです。

「顔マーク」→「スキンケア」→「ニキビ」の順にタップしていきます。

画像の下に「適用範囲」や「適用強度」が出る

「ニキビ」をタップすると、画像の下に「適用範囲」や「適用強度」が表示されます。

  • 「適用範囲」⇒ぼかし加工する点の範囲(大きさ)を大きくしたり小さくしたりできます。
  • 「適用強度」⇒ぼかし加工を濃くしたり薄くしたりできます。
「適用範囲(点の大きさ)」が『A:中』と『B:最大』のとき

「適用強度」を一番濃くして、「適用範囲(点の大きさ)」が『A:中』と『B:最大』で比べると、『B:最大』の方が少ない回数でぼかし加工を完成させることができます。

ぼかし加工したいところを
数回タップする

できるだけ短時間で加工したいので、今回は「適用範囲」と「適用強度」を最大にしています。

ぼかし加工したいところを数回タップします。

タップする度に点が増えて、ぼかし加工らしくなっていきます。

「完了」をタップする

加工が終わったら「完了」をタップします。

≫LINE Camera総合はこちら

トーク画面から通常のカメラを起動する場合(モザイク&ぼかし)

「カメラマーク」をタップする

トーク画面を開いてをタップします。

「◎」をタップする

カメラを起動させて、撮りたいものにカメラを合わせたら「◎」をタップしましょう。

「モザイクマーク」を
タップする

撮影した画像の右上に、いくつか表示が出るので「モザイクマーク」をタップします。

次の操作で「モザイクマーク」と「ぼかしマーク」が出るので、それぞれについて説明します。

【モザイク加工の場合】

モザイク線の太さを調整して、モザイクにしたいところを指でなぞる。

モザイクマークに合わせてあるのを確認したら、モザイク加工したいところを指でなぞります。

モザイク線の太さは、左端の「〇」を上下にスワイプして調整できます。

モザイク加工ができたら「完了」をタップします。

【ぼかし加工の場合】

ぼかし線の太さを調整して、ぼかし加工したいところを指でなぞる。

ぼかしマークに合わせてあるのを確認したら、ぼかし加工したいところを指でなぞります。

ぼかし線の太さは、モザイク加工と同じように左端の「〇」を上下にスワイプして調整できます。

ぼかし加工ができたら「完了」をタップします。

トーク画面からアルバムの画像を選ぶ場合(モザイク&ぼかし)

「アルバム」をタップする

トーク画面を開いて、アルバムマークをタップします。

モザイク加工やぼかし加工したい画像を選びます。

画像を選ぶときは、各画像の右上にある〇の部分に触れないところをタップします。

〇をタップしてもモザイク加工できない

〇部分をタップしても、画像を加工する操作に移らず、トークへ送信する画像として選ばれるだけなので注意しましょう。

モザイク加工を選べる画面になる

アルバムで〇の部分にふれないところをタップすると、カメラを起動してモザイク加工するときと同じ表示がでてきます。

LINE Camera総合はこちら:【LINE Camera】使い方を初級~上級まで完全解説!

LINEカメラでかんたんにモザイク・ぼかし加工できる!

今回は、LINEカメラでモザイク・ぼかし加工する方法や、LINE cameraアプリでのぼかし加工の方法を解説しました。

自分でやりやすいと思う方法を選んで、モザイク・ぼかし加工を試してみてくださいね。

最後に、モザイク・ぼかし加工のおさらいです。

おさらい

【トーク画面でカメラを起動またはアルバムを開く モザイク&ぼかし加工】

  1. トーク画面で通常のカメラを起動する。
  2. カメラで撮影したら、モザイクマークをタップする。
  3. モザイク&ぼかし加工したい部分を指でなぞる。

【LINE cameraアプリのぼかし加工】

  1. 「アルバム」を開いて、ぼかし加工したい画像を選ぶ。
  2. 「スキンケア」の「ニキビ」をタップする。
  3. ぼかし加工したいところを数回タップする。

モザイクやぼかし加工を使って、LINEカメラをもっと楽しく使いましょう!


カテゴリー:
タグ:
LINEのヘビーユーザー必見な格安スマホ!

【LINEMO(ラインモ)】

LINEユーザー

LINEユーザー

毎日LINEを使いまくってる僕におすすめの格安スマホはどれかな?

それなら月990円のプランが用意されている

LINEMO(ラインモ)』がオススメだよ!

ポイントを教えるね!

LINE WORLD

LINE WORLD

LINEMOはココが凄い!
  • 月額990円(税込)
  • LINE利用時のギガ消費ナシ!(トーク、通話、ビデオ通話など)
  • ソフトバンク回線をそのまま利用しているから安定の高速通信!
  • 別料金無しで5Gも利用可能!※5G対応端末が必要です。
  • 900万種類以上のクリエイターズスタンプが使い放題!※オプション(月額240円)

wi-fi未接続時のLINEの通話は、音声のみで1分あたり約0.3MB、ビデオ通話だと約5.1MBを消費します。

大手携帯キャリアや格安スマホのかけ放題プランは、オプションで約1,000~2,000円前後なので、電話をほぼLINE通話で済ませていて、かつwi-fi環境が無い外出先からかける事も多い人は毎月約1,000~2,000円程度、得をすることになります。

「LINE通話が不安定で困った。」といった経験のある人は多いと思いますが、ソフトバンクグループになったLINEMOはソフトバンク回線をそのまま使っているので安定の高速通信が可能です。

しかもデータ容量を使いきった後も、LINE利用時の通信速度に影響はないのでスムーズなコミュニケーションを続けることができます。

LINEのヘビーユーザー、毎月のスマホ代を安くしたい、2台持ちを検討している、という人に大変オススメなLINEMOをぜひこの機会にチェックしてみてください。

※申込みはオンライン限定です。

今なら新規・乗り換えの契約で「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」実施中です。(20GBプラン=10,000円相当、3GBプラン=3,000円相当)

関連記事