LINEでメッセージを一斉送信する方法や注意点など

2 min
LINEユーザー

LINEユーザー

LINEで一斉送信したいな!

どうやってやるのかな?

こんな疑問にお答えします。

グループを作らなくても、一度に最大15人まで一斉送信できるのでさっそく見てみましょう。

一斉送信のかんたんステップ
  1. 「keepメモ」に下書きする
  2. 下書きを長押しして転送する

記事内で詳しく解説します。

まずは一斉送信の詳しい手順を見てみましょう。

LINEの一斉送信のやり方

LINEの一斉送信はkeepメモ機能に下書きし、転送で送信するのが簡単です

以下で解説します。

keepメモに下書きする

keepメモを開く
keepメモを開く

LINEには自分専用のメモのように使える「keepメモ」という機能があります。

keepメモはトーク検索に「keepメモ」と入力すると出ます。

下書きをする
下書きをする

このkeepメモに、一斉送信したい内容を下書きしましょう。

下書きができたら、keepメモはそのまま開いて次へ進みます。

転送機能で一斉送信する

下書きを転送する
下書きを転送する

LINEで一斉送信するには、先ほどkeepメモに残した下書きを長押しして「転送」をタップします。

「転送」
「転送」

続いて右下の「転送」をタップしましょう。

「もっと見る」をタップ

送信先の候補が表示されました。

「もっと見る」をタップすると、自分のすべての友だちやトークルームが表示され、複数選択できるようになります。

「転送」
「転送」

一斉送信できるのは15人までです。

相手を選んで右上の「転送」で完了です。

転送完了
転送完了

一斉送信されました。

一斉送信のよくある疑問など

ここでは一斉送信をする側、される側それぞれによくある疑問について解説します。

15人以上に一斉送信する方法について

一度に15件まで
一度に15件まで

現在のLINEでは一度に15人まで一斉送信することができます。(グループトークは1人としてカウント)

なのでそれ以上の人数に送りたい場合は、複数回に分けて送信しなければなりません。

その場合は、同じ相手に重複して送ってしまわないように注意しましょう。

また、以前は最大10人までしか送れなかったため、今後のアップデート次第では送信できる人数が増えるかもしれません。

一斉送信を見分ける方法はある?

一斉送信を見破りたいという人もいるようです。

基本的には不可能ですが、あるとすれば一斉送信の対象者同士が居合わせていたり、グループLINEと個人あての両方に送信してしまうと気づかれるかもしれません。

特に見破られても気にならない人も多いでしょうから、参考程度にしてください。

スタンプなどは一斉送信できない

LINEの一斉送信は転送機能を使いますが、転送に対応していない内容もあります。

転送に対応しているのは、

  • メッセージ
  • 絵文字
  • 写真(画像)
  • 動画
  • リンク

などです。スタンプやアルバムには対応していないので注意しましょう。

使用したLINEのバージョン「12.2.1」

関連記事